Hello! Rodyです。

「フィリピンには7000以上の島があるのよ。」と、はじめての授業で先生に言われました。

7000??(+o+)
そんなにあんの??

日本も島国だけど、フィリピンはそれ以上に島国なのね!!(*_*)
(後で調べてみたら、日本は6852らしい。)

「どの島がいいですか?」と聞いたら
ボホール島がいいわよ。チョコレートヒルズターシャがみれるわよ。
チョコレートヒルズチョコレートの形をした丘で、ターシャは目が大きくて小さい猿よ。」
チョコレートの丘か~!チョコレート好きにはたまらない魅力的な言葉だわ(#^.^#)

ということで、憧れのボホール島に行ってきました。(^O^)

ボホール島ってどこにあるの?(?_?)

フィリピン中部のビザヤ諸島の島であり、国内10番目の大きさを持ちます。
全体が ボホール州で、州都はタグビララン。人口は約114万人、面積は4117㎡。
セブ島から船で約2時間でいけるので、日帰りも可能です。
セブ島の東に位置しています。↓

ボホール島への行き方 

ボホール島へは港からフェリーで行きます。Pier1から出発します。

港までは、タクシーで行くとよいでしょう。「Pier」と言えば、大体のタクシー運転手は通じます。
セブ市内からだと、だいたい15分位で着きます。

チケット売り場は港ではなく、港の外側にあります。
いくつかフェリー会社があり、一日何便もでているので、出発時刻や料金で選べばよいでしょう。私が乗ったのは、冷房付の座席で300ペソでした。

船内でジャッキーチェンの映画を上映してましたが、冷房が効いていて快適だったので、私は熟睡していました。

約2時間
でボホールに到着です。寝てる間に着きました。(^O^)
港周辺は、栄えていて大きなスーパーマーケットやマクドナルドもありました。

港からトライシクルで向かいました。下の写真のようなトライシクルは、サイドカー付のバイクです。↓
ギュウギュウになるけど運転手さん含めて、最大で7人まで乗れます。セブシティではあまりみかけませんが、ボホールではたくさんいます。

トライシクルに乗るのは初めて!
あくまでもバイクで、あまりスピードはでないので、大人数なら車の方がよいかも…

ボホールは信号もないし、ゴチャゴチャしてなくてのどかな南の島って雰囲気!
ここにいると、セブが都会だなーって思います。

今回、ボホール島のエリザベスさんのお宅に泊めていただきました。(^O^)
ヤシの木がいっぱい!!ココナッツとり放題ですね。

すっごいかわいい!外国の家って感じ!(っていうか外国の家だし…)
鶏がたくさんいました。朝も夜も鳴き声うるさかったです。(笑)

「いい所ですね」って言ったら
「good place to live」と夫婦揃って言ってました。
自然の中で暮らすと、おだやかな気持ちになれますね。

夜は星がいっぱいです。流れ星もいっぱい見れた!☆ (^O^) ☆

次の日は、エリザベスさんの案内でボホール島観光!!
トライシクルで1日2000ペソでした。
相場がわからないので、高いのか安いのかはわかりません…(^_^;)

海で泳ぎました

次の日、せっかくボホール島に来たからには泳ぎたーい!ということで港の近くので泳ぎました。
ビーチではありませんが、地元の人達が泳いでいました。憩いの場ですね~ (^o^)

正直、ビーチとは違ってきれいではありませんが、みんな毎週泳いでるんだって。
こっちの人達はみんなTシャツ&短パンで泳いでますね~。


わかりづらいですが、海の傍でカラオケ歌ってます。
私達がいる間、ずっと歌ってました。フィリピン人もカラオケ好きなんですね。(^O^)

日本と違い日差しが強いので、ちょっと泳いだだけでも、すぐ日焼けしちゃう…(-_-;)
日焼け対策は大事!日焼け止めは必須です!

サグバヤンピーク     ~ Sagbayan Peak~

入場料 50ペソ

チョコレートヒルズが見える主要な展望台の一つのサグバヤンにあるサグバヤンピーグへ行きました。
チケットを買って階段を上ると、大きい恐竜がいました。(この他にもディズニーキャラクターたちがいました。)

さらに、展望台へ行くと見えました。チョコレーヒルズ!!


人工的に作ったみたいに、きれいな形をしてる! かわいい!!
砂場で作った山みたい!もしくは”アポロチョコ”??

チョコレートヒルズとは??

世界遺産のチョコレートヒルズは、4~6月の乾季に草が枯れて茶色くなり、チョコレートのみたいに見えることから名づけられました。石灰石でできた高さ30m~50mの草に覆われた円錐形の小山で、1,268個も並んでいるのだそう。
これらは、自然にできたもので、雨水の浸食でできたと言われていますが、いまだ、真相は謎らしいです。
巨人が喧嘩した跡、巨人の失恋した時の涙、などの言い伝えがあります。

なんで、こんな形の小山がいっぱいあるのか、不思議ですね (?_?)

 

またまた

チョコレートヒルズ  ~Chocolate Hills~

入場料 50ペソ

つづいて、ボホール島のほぼ中心、カーメンにあるチョコレートヒルズへ行きました。
先ほどのサグバヤンピークに比べて、観光客がたくさんいました。

上の写真のチョコレートヒルズに登ると、360度のチョコレートヒルズを眺められます!

こっちも…

こっちも…あたり一面チョコレートヒルズだらけ!!

この日は、雨がやんだ後だったので、水蒸気がでてます。(^^) 自然を感じますね~(^^)

これが乾季で茶色になっていたら、ほんとにチョコレートみたいに、みえるんだろうな~
今度は茶色の、あたり一面のチョコレートヒルズをみてみたい!!おいしそ…(^O^)

ターシャ保護センター ~Philippine Tarsier Foundation~

入場料 60ペソ

ターシャを見ることが出来るのは保護、飼育を目的として建てられた施設です。
野生のターシャを見つけるのは難しいけど、ここでは100%の確率で会うことができます。

ターシャとは??

体長10㎝ほどの世界最小の猿で、大きな愛らしい目と体の2倍近くある長いシッポが特徴。
生息地は世界でボホール島のみで、絶滅危惧種に指定されています。
他の地域に連れていくと、気候があわず死んでしまうそうです…
ターシャは非常に繊細な性格で、ストレスがたまると頭を木の枝にぶつけて、自殺を図ろうとするんだって…

ボホールでしか見ることができないなんて、貴重ですね~!楽しみ(●^o^●)

さっそく、中にはいります!!

いくつか、ターシャを見ることができるポイントがあります。

ターシャ?? どこ??

ん? どこ??

いたー!! ムチャクチャちっさい!ムチャクチャかわいい!

小さすぎて自分では上手く撮れないので、スタッフが近くで撮ってくれます。
手の平サイズでぬいぐるみみたい!
映画”グレムリン”にでてくる”ギズモ”っぽい! ”スターウォーズ”の”ヨーダ”にも似てる!
もしくは”ハリーポッター”の”ドビー”?!

これは、かわいすぎますね~(^O^)
写真で見るより実際に見る方が全然かわいいので、ぜひ、見てみてください。

トゥビゴン港からセブ島へ

トゥビゴン港から帰ります。行きと同じように港の外でチケットを購入しました。
帰りも冷房付で300ペソでした。

帰りの船です。↓
帰りも船の中で爆睡しました。ZZZ(-_-)zzz

ボホール島は、なんといっても”チョコレートヒルズ””ターシャ”ですね。(#^.^#)
その他にも船に乗りながらビュッフェが食べられる”ロボック川のリバークルーズランチ”
ヘビと写真が撮れる”ワイルドワイドパーク”、ビーチがきれいな”アロナビーチ”など、
まだまだ行きたいとこがあるので、また今度行きたいです。(^O^)

IT留学に関するお問い合わせ
チョコレートヒルズとターシャにあえるボホール島

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)