初めまして、コウスケといいます。

今回、インターン生として、NILSさんにお世話になることになりました。
私の選択したコースは英語のコース1週間ITインターン6か月
トータル25週間です。

インターン期間は、6か月。
ながいですね・・。。。

なぜNILSを選んだかという説明をする前に私の経緯をお話いたします。

 

NILSに来るまでの経緯

私の年は来月(11月)で32歳になります。
一般的に言えば学生になるにはだいぶ年をとってます(汗
同調圧力のイラスト

フィジー留学を経てオーストラリア

6か月間のフィジーでの語学留学を経て、一年間のオーストラリアからのワーホリ帰りとなります。
日本を離れるときには、
「英語ペラペラでオーストラリアの現地採用されるぐらいの人間になるぞ!」
という意気込みでしたが、現実はそう甘くないですね。。

オーストラリアでは、シドニー、メルボルン、パースと主要都市を経由し、
その後は車を購入、アルバニー、ブルーム
ワーホリ期間中にニュージーランドへの旅行と、
転々として、さまざまな体験や人々に会うことができました。

経験はお金に変えられない、本当にそのとおり!すばらしいです。

ただ。。。。同時に、お金も飛んでいっちゃいました。

 

オーストラリアを出る2か月前にはほぼ無一文

その中、このまま日本に帰っても英語力も十分ではないし、正規採用でさくっと仕事を見つけられるほどの資格ももっていませんでした。

そこで見つけたのが、フィリピンの無料で英語が習える制度。

十分な英語能力、お金がない自分には「これだ!!」と

NILSへの応募 

無料で英語を教えてくれる学校を見つけたのは2社。

早速、2社に問い合わせ。

説明を伺ったところ、一社は100%コールセンター業務に配属になり、かなりしんどいというレビューを発見。
しかもそのコールセンターは日本人向けのコールセンターで、日本語を使った業務を行うとのことで、
海外に来てまで、日本人のストレス環境に居たくないと思いました。

もう一社が、NILS
こちらもコールセンター業務に配属される可能性はあるものの、語学学校生徒のサポートや学校WEBサイトの運営なども
インターン生に任せてもらっており、配置転換もあり得るとのこと。

有意義な意味で、インターンとして経験値が積めるのはNILSさんと思い、応募。

結果、無事合格!

「ジャーン」と披露している人のイラスト(棒人間)

残り2か月は、NILSでの滞在を楽しみに
ほぼ無一文からフィリピン渡航費、滞在費※を稼ぐためにはちゃめちゃに働きました。

その後、英語のコースからITコースへの変更を行いました。
これからの6か月間ITインターンの立ち位置からフィリピンを堪能していきたいと思います!

※基本的な滞在費は無料です。

IT留学に関するお問い合わせ
なぜNILSを選んだの? フィジー・AUSをへて選んだ新たな道!!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)