その他 2017.11.10

こんにちは。NILS ITインターン生 コウスケです。

「フィリピンで語学学校を経て、オーストラリアへワーホリ」を考えている方も多いのではないでしょうか?
今回、私のオーストラリアでのワーホリ経験からのフィリピンオーストラリアのふたつの国の
違いについてご紹介したいと思います。
(オーストラリアメインです。)

=料理=

フィリピンの料理

主食は白米。こちらは日本と同じですね。
ただ、白米は白米でもフィリピン米
世界でも好評の日本米を食べなれた日本人にとっては、パサついていて、
正直おいしいっ!と声を上げて言えるほどではないですね。。
ただ、相性もあるようなので、ものによっては、最高にマッチします。

個人的には、ガーリックライス+ポークリブがめっちゃおいしかったです

 

 

オーストラリアの料理

これが、一概に何が主食とは言い切れません。
オーストラリアは移民国家
すでに何世代も前から住んでいる中国人、インド人、イタリア人etc…
紛争地域のパキスタン、アフガニスタンからの移民、原住民のアボリジニなどなど、
多くの民族が、オーストラリアンレジデンスとして、暮らしています。
そのため、パンやパスタ、米、ポテト、昆虫食なんかも!?
ただ、どこに行っても食べれるのが、フィッシュアンドチップスです。
オーストラリア人はとてもチップスが好きです。そしてうまいです♬
あえて言うなら、フィッシュアンドチップスが主食なんじゃないでしょうか(笑

 

=物価=

フィリピンの物価


日本の3分の1から半額ぐらいだと思います。
コーラが30ペソ(67円)、マックの標準的なセットが100ペソ(220円)
ローカルの人たちが行くご飯どころでは、60ペソ(132円)ぐらいで、
たらふく食べれます。
さらにローカルな世界ではもっと安いと思います。

オーストラリアの物価

日本の倍ぐらいだと思います。
ペットボトル600mlのコーラが3.5ドル(300円ほど)
バーでビールを飲むと12ドル(1000円ほど)掛かります。
ただ、さすが先進国。貧しい方への対策が取られていて、
生活必需品とぜいたく品で値段が違います。
水や野菜などは日本と同様もしくは日本より安く買うことができます。
また、オーストラリアのスーパーは中途半端に割引するのではなく、どど~んと1/2セールやります。
自炊してうまく安いものを狙えばそんなにお金を使わずに生活することができます。

=社会=

フィリピンの社会

リゾートのあるきれいな観光産業と”まさに”アジアの発展途上国。
汚い、危険、貧富の差、ストリートチルドレン。日本では感じることのできない、
発展途上国の陰と陽がわかりやすーーく感じることができます。
フィリピン人は親日国。
これは、日本が多大なサポートをフィリピンに行ったといわれていますが、
昨日乗ったバイタク(バイクタクシー)のオッちゃんは、
世界大戦時に旧日本軍がアメリカに攻撃したから日本が好きって言ってました。
アンチアメリカであることもフィリピン人っぽいですね。

とにかく日本人に対しては、とてもフレンドリー。
リッチな国。強い国。優しい国。車がすごい国。なんて印象のようです。

オーストラリアの社会

(多くのワーホリメーカーはファームジョブばかりしているためなかなか気づけないことが多いですが)
オーストラリアの社会はとても人権が高いです。
そして、効率的
日本より何歩も進んだ社会を持っていて、日本が見習うべき国だと思いました。

この社会の違いの根本は、政治とメディアにあると個人的に思ってます。
投票はオーストラリア国民全員が行かなければならず、欠席すれば300ドルの罰金です(汗

また、メディアでは日本でいうNHKのような国営のテレビ局ABCがあるのですが、
これがネガティブなこともポジティブなことも包み隠さず、真実を放送します。
このテレビ局のおかげでほかのテレビ局も過度なねじ曲がった放送が抑止されています。
また、多国籍国家ということもあり海外のニュースが毎日当たり前に入ってきます。
日本のことでも海外で影響を与えるような内容であれば、
日本では放送していなくても、オーストラリアのメディアは放送したりします。

ただ、どちらの場所でも楽しもう、コミュニケーションを取ろうという気持ちが大事です!
対人に関してはフィリピン人もフレンドリーですが、警戒しなければなりませんが、
オーストラリア人は、紳士で社交的な方が多く若くてもとても頼りがいがある方多いです。
そんなオーストラリアでも陰の部分はあり、
ファームジョブをはじめとする違法労働やアボリジニの補償問題など、複雑な問題を抱えています。

安全対策はしっかりしたうえで、海外を全力で楽しんでくださいね

IT留学に関するお問い合わせ
フィリピンとオーストラリアの違いについて

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)