生活 2017.11.16

みなさんこんにちは(*^^*)
HIDEです~(^^)

 

海外に行った際、やっぱり気になるのがお金ですよね~(^^;

ちょっとした観光・旅行なら現金とクレジットカードさえあれば十分ですが
留学や仕事で長期滞在する方はあまりに多くの現金は持っていきたくないですよね(^^;)

 

そこでまず初めに海外へ行く際のお金の持ち歩き方についていくつか紹介していきます。

 

 

1.現金(Cash)

最もシンプル。1週間程度の旅行くらいならこれで十分

メリット デメリット

シンプルで分かりやすい

余計な手続きの手間が省ける

落としたり盗られたりする恐れがある。

・失くしたら戻ってこない。大金を持ち歩くのは怖い。

 

 

2.クレジットカード(Credit Card)

 

現金とともに1枚は持参するべき。VISAやMASTERは世界中どこに行っても大半の場所で利用可能。

 

メリット デメリット

・大金を持ち歩かなくて済む。

・カード会社によっては盗難、紛失の保証も手厚い

     キャッシングの機能もあり。

・紛失や盗難された祭、悪用の恐れと手続きが手間。

公共交通機関等では使用できない。

 

3.国際キャッシュカード(International Cashing Card)

 

      

 

長期滞在の方には必需品

メリット デメリット

・日本同様に引出ができるので必要なときに 必要な

 分だけ持ち歩きが可能。

・日本でも通常預金として使用できる。

・海外でお金を引き出すのに結構な手数料がかかる。

・海外のATM操作が慣れるまで大変

 

海外でお金を持ち歩く方法はもちろん他にもあるとは思いますが

以上の方法がメインになってくるのではないでしょうか??

 

中でも、自分を含め海外に長期滞在される方は国際キャッシュカードがあると便利だと思います。

もちろん私も利用しています。

 

 

がしかし、、、(-_-;)

 

海外のATMでお金を降ろすことに不安を抱いている方も多いはず!!!
実際私も初めてセブのATMでお金を降ろしたとき

ATMの前でキョロキョロ(´・ω・`) オドオド(;´Д`)

 

 

、、、

 

;つД`)誰か教えてくれぇぇえーーー
状態でした(笑)

 

というわけで今回はフィリピン(海外)のATMの使い方をメインに紹介していきます。

 

 

まずは、海外のATMで全てのキャッシュカードが使えるわけではありません。

VISAのATMネットワークであるPLUS、Master CardのCirrusのマークがあるATMならほとんどお金を引き出すことができます。

 

お金を引き出す際の限度額はカードの種類とその国によって異なりますが、
フィリピンのATMでは1回で最大10,000ペソまで引出が可能です。

※ATM利用料として1回の引出に200ペソかかります(+_+)

 

そして一番不安なのが何といってもATMの操作ですね。
画面いっぱいに表示される英語がより不安感を駆り立てます(笑)

 

でも大丈夫!!
最低限の用語だけ覚えておけば後の操作は日本のATMとなんら変わりはありません。

 

~ATM利用の際に覚えておきたいWord~

  • BALANCE INQUIRY 残高照会
  • WITHDRAW 引出
  • TRANSFER 振込
  • CREDIT クレジットカード
  • SAVING 預金

 

これに加え、英語による操作の誘導があるので
これもいくつかのパターンさえ覚えれば大丈夫です!

 

 

  • SELECT TRANSACTION
    「取引内容を選んでください」 ←引出、振込などを選ぶ場面です
  • SELECT SOURCE ACCOUNT
    「口座を選択してください」 ←預金、クレジットなどが選択できます
  • SELECT DISPENSE AMOUNT
    「引出金額の選択」  ←自身で金額を入力するケースもあります

 

これだけ覚えておけばまず問題はないでしょう!!

 

◎ATMの設置場所◎

空港やモール内、もちろんITパーク内にも設置してあります。

ITパークにあるATMの周りには警備員さんが数名いました。

 

 

これでお金を降ろすのも一安心、、
と言いたいところですが、逆にソワソワしてしまいそうです(笑)

 

 

~最後のまとめ~

 

  1. 海外でのお金の持ち歩き方は各々の滞在期間や用途に応じて適した方法を選ぶ。
  2. 長期滞在には海外キャッシュカードが必須。
  3. ATMでお金を引出す前に最低限の用語だけは覚えておく。
  4. ショッピングモールなど人が集まる所に行けばたいていATMが設置してある。

 

 

 

以上のことを踏まえて現地での生活を楽しみましょう!!

お金のことであたふたしないように!(^^;

 

 

 

IT留学に関するお問い合わせ
no image

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)