生活 2017.12.12

こんにちは、コウスケです。

今回、海外で便利なキャッシュパスポートについて紹介したいと思います。

そもそも、キャッシュパスポートってなんだって?

複数通貨利用国際プリペイドキャッシュカードです。

MasterCardの使えるAMTでお金を引き出したり、ショッピングを楽しんだりできます。

MasterCardは世界200カ国以上で対応しており、どの国に行っても使えます。
※日本の通常のクレジットカードや銀行のカードは海外では使えませんよ~

さてさて、この記事をクリックした人の他の人たちはすでに、国際キャッシュカードについて、
調べてきている人が多いのではないでしょうか?

その中で、なぜキャッシュパスポートをおすすめするのか述べます。

特にフィリピンなどの発展途上国や後進国、

海外での犯罪ランキング1位は断然「スリ、盗難」です。

そして、特に若い方。お酒の場での記憶とともに財布+カードをよく失くします(汗

多々国際キャッシュカードの中で、このカードを勧める理由は、

この盗難・紛失対策が一番考慮されているカードだからです。

 

まず、国際キャッシュカードには大きく分けて2種類あります。

  1. 日本の自分の口座から直接引き落とされる 国際クレジット/デビッドカード
  2. 事前にチャージした分だけが利用できる 国際プリペイドキャッシュカード
    です。

 

ここまでの説明で、なぜ国際プリペイドキャッシュカードの方が安心なのか
分かる人もいるかと思います。

国際クレジット/デビットカード(以下、国際クレジットカード)でもし盗難された場合、
口座に入っているすべてのお金が使われてしまうことがあります。

国際プリペイドキャッシュカードが盗難された場合、
事前にチャージした分が上限となり、それ以上引き出せません。

ただし1の国際クレジットカード)口座から直接引き落とされるため、
カードを作ってしまえば、渡航前に特に何もする必要がありません。

事前にチャージとかめんどくせぇよ!!

と思っている方、海外での犯罪遭遇率をなめちゃいけません!!!

私の滞在した3か国から紹介します。

@フィジー
半年間滞在していたフィジー。スキミング被害が横行し、学校の1/4ぐらいの生徒が本当に被害にあいました。

@オーストラリア
一番仲良くしていたお友達。西オーストラリアの最大の都市パース駅のど真ん中でひったくりに合い、
シェアハウス(オウンルーム)で夜中に寝ている間に強盗に入られ、
パスポートからクレジットカード、現金にカメラ。短期間に2度もヤラレマシタ。

@フィリピン
そして、まさに2週間ほど前のこと。同じITインターン生の女性。
フィリピン人の彼氏とともにジプニーに乗っている際、
拳銃を持っている数名の男性が突然飛び乗ってき、拳銃を突き付けられて、お財布や指輪を持っていかれました。

 

私の周りだけでもまだまだありますが、このような形で、
防犯の知識に長けてる方でもやられちゃうのが、海外です。
やられても被害を最小限に抑えて、最悪な海外の思い出も最小限にしましょう。

 

それでは、
キャッシュパスポートがどのように紛失、盗難の考慮されているかですが、

最も違う点は、
メインカードを受け取る際、もれなくスペアカードが付いてきます。

他のクレジットカードの場合、

再発行で日本から新規で郵送してもらう必要があり、
クレジットカードが使用できるまで数か月かかった

なんて話を聞いたことがあります。

 

キャッシュパスポートの場合、

メインカードをストップ。サブカードにお金を移して、アクティベート。
すぐにとは言いませんが、数営業日内で対応してくれるはずです。

スペアカードをはじめっから発行してくれるサービスは

キャッシュパスポートだけです。

盗難・スキミングだけでなく、海外ではカードがATMに飲まれるなんてこともよくあります(;’∀’)
南米だと飲まれたあと、ATMのマシンの中で粉々に粉砕するんだとか。。

メインのカードが盗難・紛失などにより使えなくなった時こそ、
お金が必要です。なるべく早く現金を手に入れる術があるのはいざというときに助かります。

デメリットは、若干、手数料が高いというところです。
どのくらいの手数料が違うかは、
「海外専用プリペイドカード 比較」なんてキーワードで探してもらうとさくっと見つけられると思います。

以下、私には関係ないメリットですが、対象の方。すごくメリットのはず。
 ・カード発行に年齢制限がありません。
 ・両親や家族がチャージすることができます。

つまり、他のカード発行に年齢を満たしていないお子さんが海外留学するご両親の方々
安心ですよね。

 

当たり前ですが、キャッシュパスポートを使って、フィリピンのセブでも引き出せるか、実験!!
 ※付いていないところを探す方が大変かもしれませんが、MasterCard対応のAMTを選んでくださいね~~

TGUタワーにある銀行で、試します。

はい、ちゃんと読み込んでくれるようです。

言語選択。ワタシ、中国語ワカリマセン。Englishを選択。

 

Withdrawalを選択。

以下、通常ATMの使い方と同じなので、Hideさんの書いている記事を参考にしてみてください。

はい、ばっちり一万ペソおろせました。手数料は250ペソです。

高いですね(;’∀’) 他の国際キャッシュカードでも手数料は同じようです。

ではでは!!

IT留学に関するお問い合わせ
海外で便利!キャッシュパスポートについて(盗難、スキミング被害対策に)

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)