食べ物 2017.12.12

こんにちは HIDEです。
僕の学校、オフィスのあるITパークではたくさんの飲食店が立ち並んでいます。

そんな中で目に留まったのは…

東京!! TOKYO!!!

セブでこんな日本を感じられるとは!!

外観からしてこれはもう入らざるを得ないような感じです。

TOKYO TOKYO TO GOの文字に導かれるように店内へと足を運びます。

店内はこんな感じです。

お店に入ると店員さんから
「いらっしゃいませ~」の挨拶でお出迎え。
まだセブに来て1か月だけど、なんかすごく懐かしさを感じました(笑)

レジカウンターにて注文をします。

メニューはこんな感じです。

パッと見英語かなと思ってよく見てみると

あっ 日本語だ!?

そしてなんと言っても安い!!

とりあえず何か頼んでみよう

迷って迷って迷った結果、この日は最もコスパの良さそうな

CHICKEN OYAKODON

100ペソ!!!(日本円で¥220~230)

安っ!!

まぁこの値段だし
あまり美味しくないか 量が極端に少なくて全然足りないかどちらかだろうな、、、
とあまり期待していませんでした。

日本のフードコートとかでよく目にするベル?を受け取り 鳴るのを待っていると5~10分ほどで出来上がったみたいです。

食器の丼ではなくお持ち帰り用みたいな器に入って出てきました。
これならテイクアウトもしやすくて便利ですね。

蓋を開けてみると、、、

なかなかのボリューム!  え?これで100ペソ??
素晴らしい!!
だけど、自分の知っている想像していた親子丼とは違う気が、、、

まぁそれもそのはず
だってこれは”親子丼”ではなく“OYAKODON”ですから。。
小さいことはいちいち気にしていられないのでまずは実食!!

普通に美味い(^○^)

味付けは日本人の一般的な感覚からしたら若干濃い目ではあるのかな?といった感じです。
もともと濃い味が好きな自分からしたら全く問題はありません。

そして男が飯を選ぶポイント!

味? 値段? 見栄え? 店の雰囲気?

いやいやいや 違うでしょう!!

ボリュームでしょう!!!!!

(そんなの人それぞれに決まっています。 完全な偏見です、ごめんなさい)

まぁどれも大事ですが、腹ペコ男子にはボリュームも非常に大切なわけです。

このOYAKODON価格のわりになかなかのボリュームがあります。
普通に満腹になりました。

更に別の日

 

BEEF PEPPER

 

こちらは145ペソ

かなりペッパーの効いたタレがかかったガッツリ系丼です。
個人的にはすごく好きな味ですが、少し胡椒辛いので好みは分かれそうです。

PORK KATSUDON

こちらもOYAKODON同様 100ペソです。

日本のカツ丼のような肉厚ではなくかなり薄めのお肉で、もちろん味もかなり濃かったです。
結構ボリューミーなので、節約してガッツリ食べたい時にはちょうど良さそうです。

バーガーもあったので頼んでみました。
するとまさかの、、、

タッパーに入って出てきました!!!

一度タッパーから取り出して 一緒に渡されたペーパーで包んで食べました。

(てことは、、、タッパーいらんやろ)

とか小さいことはやはり気にしてはいけませんね( ˘ω˘ )

他にもまだメニューはたくさんあって
天ぷらやとんかつ、ラーメンなんかもあります。

まだチャレンジしたことがないのでまた次回試してみようと思います。

日本食が食べたい or 日本を感じたいという方はぜひ一度行ってみてください(*^^*)

IT留学に関するお問い合わせ
セブにTOKYO?!味良し!コスパ良し!の日本食ランチを食べてみた

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)