こんにちは~HIDEです(^^)

前回、PhotoShopを使っていろいろな画像加工を紹介しました。
例えばある画像の一部分だけを切り抜いて別の画像に貼り付けたり
画像をぼかしてみたり

今回はさらにもっと簡単に画像を劇的に変化させちゃう方法をいくつかご紹介します!

Photoshopのスタンバイ

まずはなんでも良いので画像をひとつ用意してPhotoShopで開きます。

前回はツールを使った加工を行ったので
今回はこちらのメニューバーを見ていきます。

メニューバーの中にあるフィルターをクリックするといくつかの項目が出てきます。
こちらにも使い勝手の良い便利なツールがたくさんあります。

その中からピクセレートモザイクを選択してみます。

すると…こんなにも簡単にもモザイク加工ができました。

ブログやSNSなんかに写真を上げる際に「あっ 私顔出しNGなんで(-_-)」って人がもしいたら
「大丈夫!俺に任せな」って感じでサクッとモザイク加工をしてあげましょう(笑)

(それもそれで失礼だし、そもそもそんな機会があるのか謎ですが…笑)

モノクロ画像を作ってみよう

次にイメージメニューにある色調補正白黒を選択してみます。
すると、
画像がこんなにも簡単にモノクロ調に変化します。

あえて白黒に加工するのもおしゃれですね。

    →   

さらにここでもうひと手間。
メニューバーのレイヤーツールの中から新規調整レイヤートーンカーブを選択します。

するとこんな画面が出てきます。

   →   

そもそもこのトーンカーブは何をするものかというと明るさやコントラストを調節するためのツールです。
これは画像を加工する際にはめちゃくちゃ使います。
正直、基本的な画像加工はこれだけで十分というくらい便利なツールです。

先ほど出てきた四角いボックスは明暗を調節するものになります。

好きなところでクリックをして上に持ち上げるとトーンが明るくなり、
逆に下に下げると暗くなります。

そして完成したのがこちらです。

随分とまた印象が変わります。
外で撮った写真がすごくお気に入り、だけど天気があまり良くないせいで全体的に暗い印象に…
もう少し明るかったらよかったのに なんて経験一度はあると思います。

これもトーンカーブをかければ好きな明るさに調節することができますし、逆に、外で黄昏ながらコーヒーを飲んでるシーンをもっとクールに、レトロな感じにしたいなんていうときはあえてトーンを落としてあげることでよりクールな感じに仕上げることもできます。

フォトギャラリー機能

そして最後にフィルターメニュー内のフィルターギャラリーについて紹介します。

   →   

こちらも数あるパターンの中から自分の好きなデザインを選んで加工することができます。

個人的に好きなパターンが赤丸で囲ったこのツールです。

これを使えばどんな画像もアニメ風な感じに加工することができます。

こんな感じになります。
ちなみにこちらの画像にもトーンカーブをかけてみると

こんな感じで素敵な画像になります。

今回紹介した加工方法は

  1. フィルターを使った加工
  2. トーンカーブ
  3. 色調補正

大きく分けるとこの3つですが
どれも元の画像を簡単かつ劇的に加工することができます。

スマホで撮った写真をPCで加工して
画像を明るくしたり、クールにしたり、また面白くしたりと
そんなことがこのPhotoShopを使えば簡単にできてしまうのです!!

いやー奥が深いですな~

ということでPhotoShopを使ったデザイン
また紹介できるように勉強頑張ります!!

IT留学に関するお問い合わせ
PhotoShopで画像を超簡単に!劇的に!加工する方法

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)