生活 2018.04.19

はいはい~!こんにちわ。コウスケです。

わたくしごとですが、最近引っ越ししました。
私事ですが、NILSの事情。長らく運営していたNILSのカサアミーゴ寮が改装をするらしく、
NILSとしてのカサアミーゴはなくなりました。そこで、新しい住居はIT-ParkそばのAVC寮です。

今まで、土日の移動や飲んだ後の帰宅は、ハバルハバル※でIT-parkからカサアミーゴに帰っていたのですが、
もうその必要がなくなりました。

なぜって?歩いて帰れるぐらい近い距離だからね(/・ω・)/

※ハバルハバル
つまりは、日本にはないバイクタクシーですが、電車や地下鉄が走っていないセブでは、基本道路を走る乗り物もしくは徒歩でしか移動手段がありません。道路交通での基本移動手段は、タクシー、バイクタクシーとなります。

 

以前に、セブ唯一の公共交通機関として、「ジプニー」アプリの検証をしましたが、今回、そんな「ハバルハバル」のアプリ「Angkas」を紹介したいと思います。

Angkasの利用を勧めたい訳

理由1:渋滞に強い

セブシティーは渋滞が本当にすごい。特に平日は半端じゃありません。渋滞の中長時間タクシーに乗ろうものなら、おしっこを長時間我慢することになります。(ドライバーはその辺で突然車止めておしっこしたりするんだけどね。)

そこで重宝するのが、バイクタクシー。渋滞ともなれば100単位で車を追い越していきます。

渋滞中にタクシーを乗ると、下手すると歩いた方が速い可能性があります。

理由2:ぼったくりに合いにくい

フィリピンではタクシーもハバルハバルも基本的にぼったくってきます。
タクシーなら、メーター通りにしろっ!と強きでいうと大体の確率で折れてくれるし、めんどくさい交渉がないです。
しかし、ハバルハバルは基本的に、乗車前に交渉する。交渉しなければ、基本的にはぼったくりの値段を突き付けてくる。
もし、交渉していたとしても、到着したらもっと払ってといってくるのは日常です。

ネガティブに聞こえてくるかもしれないけど、アジアじゃ比較的に当たり前。彼らも生活が懸かっているからしかたない。

しかし、Angkasは、呼んだ時点ですでに値段が決まっています
最初に提示された金額で清算できるから安心です。

理由3:道に迷いにくい。

むしろ、これは利点ではなく当たり前のことに聞こえるかもしれないが、結構あるんです。

ハバルハバルのドライバーに行先を伝えたら、大体わかる。といって、分かってないことも稀じゃない。
途中で、道端でいろんな人に聞いて回ったうえで、更に迷い、追加料金まで要求してくることがあります。

Angkasなら、最初に行先を指定しているので、
ドライバーも受け取った行先情報をGPSをみて、行ってくれます。

理由4:安全性

ハバルハバルのドライバーは安全に関する教育を受けたわけではないです。
かなり、危ない運転をするドライバーもいるようで、車との接触して、大腿骨骨折の大けがをしたなんてことも聞いたことがあります。

しかし、Angkasのドライバーは登録制になっていて、教習所での訓練を受けれなければならない。
そして、Angkasは乗客に対して保険にも加入している。Angkasを利用してケガするようなことがあれば、保険が下りる仕組みになっています。

と能書きを垂れるのはこの程度でいいかなと思います。実際にどのようにインストールするか話していきたいと思います。

Angkasインストールするうえで準備するもの

  • フィリピンでの電話番号
  • 携帯電話

以上です。

携帯電話は当たり前として、フィリピンの電話番号を持つのは、ちょっと面倒だなって思うかもしれないですが、
海外慣れしている人はご存知の通り、意外と簡単です。特にフィリピンでは、SIMカードを買うのに身分証明書すら要らないです。
SIMフリーな方はサクッと買っちゃうことをお勧めします。※SIMカードは空港やモールなどで売っています。

アプリダウンロード

Angkasのアプリダウンロードはこちらから。
Google Play で手に入れよう
 

ダウンロード方法(iphoneでダウンロードできないとき。)

実は、日本から持ってきたiphoneをご利用の方!Angkasがダウンロードできません。

アイテムを利用できません

リクエストされたアイテムは現在 日本のStore では取り扱っていませんが、フィリピンの Store で利用可能です。 「Storeを変更」をタップすると、このアイテムが表示されます。

と出てきてしまいました。「Store」を変更を押下して、フィリピンのStoreに移動。

フィリピンのStoreから「GET」を押してみる。

Account Not In This Store
Your account is not valid for use in the Philippine store. You must switch to the Japanese store before purchasing.

はフィリピンのStoreでは使えないんです。

当初は意味が分からず、日本のStoreとフィリピンのStoreを何度も行き来しちゃいました。

調べた結果その理由は、説明書きの通り、Appleのアカウントが日本のになっているから。

やり方は二つ。

  • 新しくApple IDをフィリピン用として取得にする。
  • 既存のApple IDを書き換える。

今回は、試したのが、既存のApple IDの国を書き換えるやり方でしたので、そちらを解説します。
 ※Apple IDに残高が残っていると、既存のIDの国を変更することはできないようです。

まずは、Apple Storeにアクセスし、自身のアカウントプロファイル画面に行きます。
このバージョンでは画面の右上の自身の写真をクリックするとアカウント画面にいけました。

アカウント画面にて、対象のアカウント名を選択してください。

 

サインインを求められるため、パスワードを入力して、ログイン。

以下の画面から「国または地域」を選択する。

 

一覧の中から「フィリピン」を選択。

利用規約にて、右上の「同意する」を選択すると、ポップアップにて、問が出るため、そこでも「同意する」を選択。

  

アカウント設定に遷移し、「お支払方法」の選択。今回はNoneを選択。必要に応じて、支払い方法を選択してください。
請求先住所は、赤い項目が、必須項目になります。フィリピンでの住所を入力してください。
ここでは、なるべく本物の住所が良いようです。一時滞在の方はホテルの住所でもよいと思われます。
入力し終えたら、「次へ」をクリック。

  

 

このタイミングで、表記が英語に切り替わります。「Done」を押下してください。

はい、これでインストールが可能になりました。

インストール

それぞれ、Apple Store、Google Appsにを開き、「Angkas」を選択、GET(インストールを押下してください。)

 

設定(セッティング)

アプリを起動すると以下のような画面が立ち上がります。「Start with phone number」をクリック。

 

  • Enter Name :(必須)偽名でもよい
  • Enter email :(必須)おそらく偽アドレスでも問題ない
  • Enter phone :(必須)電話番号認証があるため、正しい番号の入力が必要。
          ただし、必ずしもAngkasインストールしたスマホではくてもよい。

すべて必須なため、それぞれ入力して、Nextをクリック。

4桁の認証番号がSMSに送信される。その番号を入力する。
電話番号が、Angkasをインストールしたスマホの場合、手入力しなくても受信したSMSから自動的入力され、自動認証される。

 

実際に使ってみる。

ピックアップ場所と目的地を指定。

初期起動は現在位置が表示され、Angkasドライバーどどこにいるか何分でこれるかが表示されています。

Set Pick Up を押下して、拾ってもらいたい場所を指定します。

Choose destination をクリックして、目的地を指定します。この際、場所の入力でも Choose from mapを選択しても、どちらも指定できます。
※システムの裏で走っていると思われるGoogleマップのダウンロードが終わってない場合、細かい指定ができないかもしれません。
 自分はインストール当初には選択できなかった建物などが、しばらくすると出来るようになっていました。

行先の選択が終わると、値段とドライバーの到着時刻がでてきます。

BOOK NOWを押下するとドライバーが選ばれ、顔写真、バイクのナンバープレート、電話番号が、表示されます。
今まで2度乗りましたが、2度ともドライバーから直接SMSが飛んできました。タガログ語なので、なんて書いてあるかわかりませんでしたが。。

乗車の注意

ピックアップ地点でまっていると、自分の名前を呼ばれます。ただのAngkasでないただのハバルハバル(バイクタクシー)である可能性があるので、
画面を見せるなりして、「お前は俺のドライバーか」と確認してください。まず、Angkasのドライバーであれば共通のこのようなデザインをしているので、見分けやすいです。

他のサイトではマスクを渡されるとありましたが、そんなことはなく、ヘルメットだけ渡されます
ヘルメットの留め具はなんだか、安っぽいです。

しっかり、移動中もどこを移動しているのか、アプリ上に表示されています。

今回は、TGU TowerからElizabeth Mall,Elizabeth MallからNILSのAVC寮という流れで使いましたが、
行きは73ペソ帰りは80ペソ
ハバルハバル(通常のバイクタクシー)でTGUからコロンに行った時には最低でも80は払わなければないので、交渉もなしに、最安値以下で行けました
これはかなり使った方がお得そう。個人的にも、交渉が面倒なんですけどね。

しっかり、追加請求もされることなく、当初の表示金額だけ、支払いました!
お金の交渉をしなくてすみませんが、ドライバーとの会話も弾みます。
最後は、仲良くなって、写真を撮って別れました。

アプリダウンロード

上記にも記載しましたが、再度。Angkasのアプリダウンロードはこちらからどうぞ。
Google Play で手に入れよう
 

Angkasプロモーション(割引)コード

プロモーションコードを発行しているサイトがありましたので、こちらを利用すれば、
更にお得にAngkasに乗れます。

Promocode.com.ph

 

ちなみにタイトルのにしているUber。東南アジアからの撤退を決めたようで、フィリピンではすでに使えない。Grabしかないようです。

 

IT留学に関するお問い合わせ
バイクタクシー「Angkas」とは?アプリのインストール方法を解説。| 交渉なしに最安値!?

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)