Web制作 2018.03.21

みなさん大変お久しぶりです。ITインターンのHIDEです。
最近諸事情によりなかなか更新できていませんでしたが、また本日から再スタートということで
ビシバシ書いていきたいと思います!!

と言うわけで早速ですが、普段からwebサイトを趣味で作ったり、ブログを書いたりしている人なら
「SEO」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
本日はその「SEO」の基本について書いていこうと思います。

 

SEOとは何か?

 

「Search Engine Optimization」の頭文字を取って“SEO”と言われています。
日本語で「検索エンジン最適化」とも言われています。 簡単に説明すると、このSEOを理解し対策をしっかり行うことで、Google検索の上位表示がされやすくなります。

 

Google検索/上位表示について

 

何か調べものをしたいとき、世界中の多くの人がGoogleを使って検索を行っています。
その際、極論ではありますが1ページ目の一番上位に出てきたサイトと
100ページ目の下の方に表示されているサイトでは、どちらの方が多くの人に見られるでしょうか?
自分の場合も、正直面倒くさいので1ページ目の上から順に目を通して
それでも自分の探している情報が見つからないときは次のページへ飛ぶといった具合ですね。

単純にGoogle検索をしたときに上位で表示された方が下位で表示されるサイトよりも多くの人に閲覧される可能性が高まるということですね。
もちろん自分が作ったサイトや自分が書いているブログは多くの人に見てもらった方が良いですよね。
自分のサイトに広告等を貼っている方なら尚更だと思います。

ちなみにコストをかけて読者が閲覧・クリックしやすいところに表示する
リスティング広告と言うものもあります。

 

 

どうしたら上位表示されるの?

もちろん誰しもがGoogleで検索した時に上位に表示されることを目指してサイトやブログの作成を行っていると思うのですが
では、どうすれば上位に表示されるようになるのでしょうか?
例えば、答えがあって「ブログの中に秘密の暗号を書けば上位に来るんだよ」的な、昔のゲームの皆知ってる裏技のようなものがあれば楽なんですけどね(笑)
でも残念ながらそういうなった明確な答えは無く、これをすれば100%の確率で一番上に表示されるといったものはありません。
ただ上位表示させるために重要となってくるのがSEOです。
SEOを意識して対策をすれば上位表示されやすくなるといった感じです。

 

SEO対策

 

キーワード

これは必要不可欠な要素です。“誰をターゲットにするか”“どんなワードで検索をしているのか”などを十分に考慮する必要があります。
そして、どんな目的で、どんなキーワードで検索した人が最終的に自分のサイトにたどり着くようにしたいのかを決める必要があります。

例えばセブ島留学を考えている人をターゲットにした場合、その人達がどんな情報を知りたいかを考えます。
“セブ島留学にかかる費用? 自分に合った学校は? 食事は何があるの?”
などなど、その人の立場に立って考えることが必要です。

後は記事を書く際のタイトルにも注意が必要です。
例えばセブ島留学にかかる費用についての記事を書くのに、タイトルが「セブ島」だけだったらどうでしょう?
単純に範囲が広すぎるのと、「セブ島」で検索する人は留学についてではなく
リゾートや島でのアクティビティについて知りたい人などいろんなニーズがあるはずなのでそこから
留学、費用までたどり着けるのかは疑問ですね。
なので例えば

「セブ島留学にかかるコストを大公開!」
「セブ島に半年留学した私が教えるセブでのお金の使い方」
「セブ島の格安留学 実際ホントに低コストで行けるのか?」

などタイトルにもキーワードをいれてあげる必要があります。
もちろん文章中にもキーワードを入れるのも必須です。

 

写真や図の使用

 

   

上位表示されているサイトやブログ記事を見てみると分かりやすい図があったり
綺麗な写真が並んでいて実際の風景をイメージしやすかったりと
どちらも適度に使用しているサイトはSEOの観点からも良いみたいです。

 

リンク

 

まずリンクには“発リンク”“被リンク”の2種類があります。発リンクは自分のサイトから別のサイトに飛ぶリンク、被リンクは外部サイトから自分のサイトに飛ぶリンクの事です。
別のサイトから自分のサイトへリンクされる被リンクはGoogleからの評価も高いとされていますが、ただ被リンクの数が多ければ良いわけではなく、
 良質で関連性のある被リンクが多く存在することがSEO的にも良いとされているようです。

また自分のサイト内を回遊させるページ内リンクも大切です。
特に関連性の高い記事や重要な記事へリンクすることは閲覧者に対してもGoogleに対してもアピールになるので適切なページ内リンクを適度に貼ることは重要と言えます。

 

誤ったSEO対策

 

自分の作ったサイトに広告を貼って収益を得たい
→そのために検索で上位に表示させたい
→SEOの対策をして上位表示されるようにしよう!!

この考えは当然正しいと思うのですが、SEOをよくしようと思うあまり過剰なことをしたり、逆にGoogleの評価を下げるようなことをしてしまっては意味がありません。
例えば…

・キーワードをたくさん使用してアピールしよう。
→キーワードを乱発させてしまい、解読できない文章として成り立たない記事になってしまう。

・自分のサイトの評価を高めるために被リンクの数を増やそう
→数多くの悪い被リンクが存在するサイトになってしまう。

※悪い被リンクの例:
被リンクを増やす目的のリンク。業者から金銭で売買したようなリンク。自作自演のリンク等

 

ブラックハットSEOとは

 

SEO対策についていろいろ勉強してみるとよく目にするのがこの「ブラックハットSEO」という言葉です。これは検索エンジン主にGoogleのアルゴリズムに反した不正な手段で検索順位を高めようとする、いわば悪いSEO対策とも言えます。

上記のキーワードの乱用や悪質な被リンクもこれに属します。今ではこうした違反をするとペナルティを受け、検索順位が下がったり、スパムとして認定されるケースもあるようです。
逆にガイドラインに沿った正しいSEO対策を行うことはホワイトハットSEOと呼ばれています。

Googleアルゴリズム:Googleがどのページを上位に表示させるかを決めるもの。ユーザーの求める情報源、ターゲットの目的に適切なページなど良いサイトから順に表示されるようにしたもの。

 

ブログをたくさん闇雲に書けば検索に引っ掛かるだろうとか、何かしらのwebサイトを作ればいつかは検索の上の方に勝手に出てくるんじゃないの?
なんて最初の頃は自分も思っていましたが、実はそう簡単なものではなく、より良いサイトがより多くの閲覧者に見られるような仕組みにちゃんとなっていて
そのために皆SEO対策をしてブログを書いたりwebサイトを構築したりしているわけですね。

今回紹介したのはほんの一部、かなり基本的なことになりますが、実はSEOとはもっと奥が深くまだまだ理解しなくてはいけないことがたくさんあります。

私たちIT留学生もこうしたSEO対策について日々勉強しながらこうしてブログ記事を書かせてもらっています。
WEBデザインや構築はもちろんのことブログのライティングなんかにも興味がある人は是非このセブ島で一緒に勉強しましょう~!!

IT留学に関するお問い合わせ
セブ島IT留学生が送る|サイト構築に欠かせない「SEO」について考えてみよう~初級編~

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)