はい、どうもこんにちわ。コウスケです。
前回の記事で、しばらくぶりの投稿という話をしていましが、その間のインターンのお仕事は、、
実は、NILSの公式ブログのお手伝いをしていました。

ここではライターとして働いていたのに、編集担当としていくことになったんですね~。
そのおかげで、他のワードプレスのテーマがどのようになっているのかとか、
なんのプラグインが実際に使われているのかとか、SEOを意識した記事編集など、とっても勉強になりました。

その間に身につけた技術の一つとしては、アニメーションGIFの作成です。
といっても、フォトショップのとある機能を使えばオリジナルのアニメーションGIFを簡単に作成することができるんです!

今回、フォトショップ(Photoshop)のトゥイーン機能を使ったアニメーションGIFの作成を紹介したいと思います。

フォトショップのトゥイーン機能とは?

トゥイーンは、動きのアニメーションフレームを自動作成してくれる機能。
そのため、今まで一コマ一コマを用意していたのが、動作の開始動作の終わりを作るだけなんです。

アニメーションにしたい元素材を用意

下準備を飛ばして、アニメーションの作成方法を参照したい方は「アニメーションフレームの作成していく」から閲覧してください。

NILS公式ブログ記事で、とある記事の編集を行っていたのですが、プールの記事だったため、
プールの中で遊んでいる写真がないとのこと。

色々お話しさせていただいていると、そのライターさん、お絵かきができるとのこと。

それでは、絵を描いてください。」と提出してもらったのが、こちら。

そこで、閃いたのがこの棒人間。。。。。

これ動かしたら面白いんじゃないか!?

棒人間だけの画像をもってるか伺ったところ、持っているとのこと!
やりおる。

そして、頂いたのがこちらのふたつ。


アニメーション動作のための下準備

それじゃ、これを動かしてみるみよう!
動かしたい流れとしては、このスライダーの木の後ろから現る感じで、棒人間がプールの方に流れていくようにしたい。

上部レイヤーの作成

そのために、棒人間がスライダーの中から現れるためにスライダーの上部を切り抜いて、上部レイヤーを作成していきます。

クイック選択ツールで、棒人間の隠れてほしい箇所を選択します。

コピー&ペーストすると新規レイヤーが自動作成されて、以下のような感じで、以下のようなレイヤーができます。
(分かりやすくするため、背景レイヤーは非表示にしています。)

次に頂いた棒人間の背景レイヤーから通常レイヤーに変換した上で背景を削除して、選択範囲を反転。

この棒人間を先ほどの背景レイヤーに持ってきます(ドラッグ)。

※棒人間が背景レイヤー上部レイヤーとの間に入るように配置します。

棒人間の動作スタート位置に配置します。点線の部分が棒人間となり、開始位置は上部レイヤーに隠れた形になっています。

アニメーションフレームの作成していく

ウインドウから、タイムラインを表示させます。
 ※もし、このタイムラインのウインドウが表示されている場合には、必要ありません。

アニメーションフレームの作成

タイムラインが現れるため、「フレームアニメーションを作成」を押下します。

現在の表示レイヤーがタイムラインに表示されます。

選択したフレームを複製を押下します。

二つ目のレイヤーが出来上がります。

動作の動きを指定する

二つ目のフレームが選択された状態で、棒人間のレイヤーを選択します。

移動先の場所に移動ツールを使って、移動させます。

トゥイーンで動作フレームを自動作成

そのまま、二つ目(最終)のフレームを選択した状態で、トゥイーンボタンを押下します。

トゥイーン ウインドウが現れるため、どのフレームなどのパラメーターを設定します。
今回の場合、初期設定以外には、「追加するフレーム」を15にしています。
設定後、OKを押下してください。

アニメーション速度を指定

次にすべてのフレームを選択した上で、秒数が記載されている部分をクリックします。ここでは、0秒のところ。
そして、1フレーム当たりの時間を設定をします。今回は0.1秒と設定します。

再生ボタンを押下すると、実際の動作が確認できます。

私の場合、ここで微調整し0.05秒に再設定しました。

ループ回数を指定

次に、ループ回数を設定します。基本は無限でよいかと思います。

保存

Web用に保存(従来)を押下します。

GIF、ファイルサイズを選択肢、保存をします。
※必ず、GIFにしてくださいね。

完成

出来上がったのがこちら。

オブジェクトの移動だけでなく、色や効果透明度の変更なんかもできます!
ちょっと残念なのが、回転するアニメーションGIFはPSトゥイーン機能では難しいようで、
それはひとつづつフレームを作っていくしかないようです。
それでも、他の動作に関してはチョー簡単にアニメーションが作れますよ~!

実際に利用したブログ記事の紹介

実際に、このアニメーションを利用したブログ記事はこちら。

http://www.nilsph.com/blog/wp/2018/03/19/post-23842/

ではでは~!

IT留学に関するお問い合わせ
Photoshopトゥイーンで簡単アニメーションGIFを作ろう!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします(^^)